プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/31 (Tue) 00:30
EISTの設定

昨日まででマシンのチューニングが終わったので、もう少し細かい設定ポイントを見てみました。

気になっていたのは、オーバークロックのためにすべてDisableにしていたC.I.A.2やEISTなどの自動的にクロックを調整する機能です。

昨日のオーバークロック調整中の挙動などから考えると、C.I.A.2はCPU負荷が高いときにFSBを自動的にある程度上昇させる機能のようですね。

一方、EISTはCPU負荷が低いときに、クロックの倍率を9から6に下げるようです。

前者はピーク時の性能向上を、後者は平常時の省電力を狙ったもののようで、ある意味真反対の機能ですね。

C.I.A.2はFSBをいじるせいかオーバークロックとの相性が悪いですが、EISTの方は設定を復活させてみたところ、オーバークロック後も特に問題なく動いているようです。クロックの倍率をいじるだけなので、影響が少ないのかもしれません。

アイドル時のCPU温度が少しでも下がるかもしれないので、しばらくこれで運用してみようかと思います。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/30 (Mon) 01:15
Q6600マシン チューニング

今日はマシンへのソフトのインストールとチューニングをやってました。

オーバークロックに挑戦するため、まずGIGABYTEのマザーボード(P35-DS4)についてきたEasyTune5というソフトを使用してみました。しかし、ソフトで設定するとその場ではクロックが上がるのですが、再起動すると元に戻るということの繰り返しで、結局このソフトの使用は断念。

次にBIOSでの設定に挑戦しましたが、OSが起動途中でハングしたりでなかなかうまくいかず、結局

 ・CPU Enhanced Hait (C1E)
 ・CPU EIST Function
 ・C.I.A.2

など、余計な動きをしそうな機能をすべてDisableにして、ようやくクロックアップに成功しました。現状はあまり無理はせず、2.4→3.0GHzのアップにとどめています。

極限まで調整すればもう少しいけそうですが、オーバークロック前でも十分速いと感じていましたので、耐久性も考えてこのあたりにしておきました。

あと、チューニングの途中でメモリがシングルチャンネルになっていることに気がつき、調べてみるとメモリの挿し方を間違えていました。ボートにメモリスロットが2セットあるときに、2枚を隣同士ではなく1つおきに挿すなんて思いつきませんよ(いや、マニュアルを読めばちゃんと書いてあんですが)。

これでマシンのセットアップはひと段落しました。使ってみた感想としては、やはりPen4マシンとは別物ですね。現状、Pen4マシンでVISTAを使っている方には、特にマシンのアップグレードをお勧めしたいと思います。

 

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/29 (Sun) 02:40
新マシン稼動

なんとか土曜1日でマシン組み立てが終わり、OSが稼動するところまで来ました。

CPUクーラーがマザーボードのヒートシンクと干渉してつかなかったり、引っかかったところもありましたが、総じて比較的順調に進みました。

使うコードを選択して取り付けられる電源、コードの取り回しやメンテナンス性まで考慮したケースなど、やはり時代は進んでますね。

ちょっと高めのパーツをそろえてしまったかと思っていましたが、値段分の違いはあったようです。

一番印象に残ったパーツはケースのAntec Soloでしょうか。なかなかよくできた使いやすいケースですが、何しろとんでもなく重いです。電源も着いていない空の状態で持ち運んでいるとき、中身一式入っているんじゃないかと思うくらいの重量感でした。

まだOSがやっと立ち上がったくらいのところなので、日曜はソフトをインストールして環境の整備です。その後は、オーバークロックに挑戦かな。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/27 (Fri) 22:30
新ステップ版Q6600ゲット

今日帰宅時に、だめもとで会社の近くのPCショップに新ステップ版Q6600が無いか見にに行ったところ、なんと1つだけ在庫発見。

予約品のようにレジ横に置いてあったのでだめかと思いましたが、聞いてみたところ販売OKとのこと。ロットにまで注文をつける(私のような^^;)口うるさい客に対応するため、店の人が選別してストックしてあったようです。

当然、速攻で購入を決めました。更に勢いに任せてPCのパーツ一式を衝動買いしてしまいました。だいたい、以下のような感じです。

・Core2QUAD Q6600(新ステップ版)
・マサーボード:GIGABYTE GA-P35-DS4
・メモリ:UMAX Pulsar DDR-2 800 1GBx2
・ディスク:Seagate ST3320620AS (320G SATA300 7200) x 2
・ビデオ:GIGABYTE GV-NX86T256D (GeForce 8600GT 256MB)
・DVD:日立LG GSA-H62N
・ケース:Antec Solo (ホワイト)
・電源;ENERMAX LIBERTY 500W

これでしめて15万円弱(OS,キーボード,マウスは無し)。探せばもう少し安くなったような気もしますが、そこそこのグレードのパーツが揃えられた(と思われる)ので、良しとしましょう。

というわけで、今うちのキッチンには上記のパーツが散乱しています(リビングにはPCを組み立てるスペース無し)。問題は10年以上PCの組み立てなどしていない自分に組み立てられるかどうか。まあ、土日をつぶすつもりで挑戦してみます。

2007/07/22 (Sun) 00:30
JetFlash210修理完了

先日、指紋認証付きUSBメモリJetFlash210が故障したという話を書きましたが、その修理品が届きました。修理といっても、代わりに新品パッケージが送られてきたわけですが。

しかし、今回の修理手続きはなかなかダイナミックでした。まずは購入した楽天の店にメールで故障を連絡したのですが、Transcendに直接故障品を着払いで送ってくれとの返信。

しかし、送り先は記載してあるものの、それ以上ほとんど何も手続きについて書いてないため、メールのコピーに若干追加書きをして添付して送付。

返送時も、送られてきたのは現品のパッケージと納品書のみ。なんとも大雑把で本当に修理が進んでいるのか少し不安でしたが、海外製品というのは、だいたいこんなものなのでしょうか。

また、送られてきた新しいパッケージは、本体のロットは新しくなっているようなのに、付属のソフトCDはバージョンが下がっているなど、ほんとに海外製品は謎が多いです。

テーマ : PC周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

| ホーム |

PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。