プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/08 (Sun) 23:06
Twitterでネチケットは成り立つのか

Twitterで何をつぶやくのか という記事でTwitterとネチケットについて書かれていますが、自分もこの点は気になっていました。


Twitterで何を書くべきで何を書くべきでないか、何を書いてよくて何を書いてはいけないか。これはTwitterのような独り言系メディアでは、統一することのできない永遠の課題のような気がします。ある人がこれは役立つ、あるいは他の人にぜひ知ってもらいたい、と思って投稿した情報も、興味の無い人にとってはただの雑音でしかないわけですから。


上の記事の更に引用先のはてなブックマークの記事では、いやな投稿をする人はremoveすれば良いだけ、という意見が多いようです。一旦friends登録した人をremoveするのはなかなか忍びないものですが、自分もこれ以外に落としどころがないような気がします。


また、一昔前にナレッジマネジメントという言葉が流行した時期がありましたが、そのころ私の勤め先でも社内の人員やシステムが持っている知識・情報をいかに活用するか、ということがしきりに議論されました。


そこで出てきた話として、情報の価値はその提供者が決めるのではなく、使用者が決めるべきというものがありました。つまり情報を持っている人が、この情報はあの部門の人に役立ちそうだからそこに公開しましょうという考え方ではなくて、公開範囲は極力制限せず情報の価値は受け取る側で判断して取捨選択してもらいましょう、という考え方です。


これは一理あると思いました。この考え方からしても、Twitterに流れる情報はあまり制限せず(しようと思ってもできませんが)、玉石混合状態のほうが面白そうです。


ただし、この状態で情報を有効に活用するには、受け取り側が自分の目的に応じて情報を検索したり絞り込んだりする手段が不可欠です。現状のTwitterでは、これが登録するFriendを選択するか、Twitter検索くらいしかないわけで、やや貧弱ですね。


メールの世界では、データマイニング的な手法を使ってスパムメールを自動的に検出したり、メールをカテゴライズする手法がかなり普及してきています。Twitterでも、このような手法をつかって自分の欲する情報を効率よく取り込めるようになったりすると面白そうです。


もちろん、そんな難しいことは考えないで、他人のとりとめも無いつぶやきを眺めているのが幸せという人は、それはそれで全然OKですが。

スポンサーサイト

テーマ : Twitter - ジャンル : コンピュータ

<< シャドウコピー その後 | ホーム | 新しい洗濯機 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。