プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/17 (Sun) 22:35
バックアップジョブの自動実行

昨日、robocopyコマンドによるUSBメモリのバックアップについて書きましたが、今日はこれを自動実行するための話です。

まず順当な手段として、Windowsのタスクスケジューラーに登録する方法を考えてみました。実行タイミングとしては、紙copiを操作した後のマシンシャットダウン時にバックアップをしたいところです。しかし残念ならが、タスクスケジューラーではOS起動時のタスクは設定できますが、シャットダウン時のタスクは指定できないようです。

そこでネットで調べたところ、グループポリシーというのを使うとシャットダウン時にジョブを実行てきることがわかりました。

グループポリシーの編集は、gpedit.mscというコマンドで行います。このコマンドはWindowsのスタートメニューには登録されていないため、直接Windowsのフォルダ内から探して起動する必要があります(VISTAではスタートメニューの一番下の検索欄を使うと便利です)。

gpedit.mscを起動し、以下の場所のシャットダウンのプロパティで実行するスクリプトを設定します。

 ローカルコンピュータポリシー
 →コンピュータの構成
   →Windowsの設定
     →スクリプト(スタートアップ/シャットダウン)

以上でジョブの設定は完了ですが、今回のバックアップ目的では更に問題が出てきました。どうもシャットダウン時にこのジョブが実行されるタイミングでは、USBメモリをマウントしているドライブが正常に見えないようなのです。

結局、やむをえずタスクスケジューラーで、マシン稼働中のアイドル時にジョブを実行するように設定することにして、落ち着きました。

バックアップもTODO事項の1つであり、記憶に頼って実行しようとすると、ついつい忘れてしまいがちです。ということで、リマインダの発想を更に進めて、自動実行にこだわってみました。

スポンサーサイト

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

<< 「したい!やりたい」を試してみる | ホーム | データバックアップに便利なrobocopyコマンド >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。