プロフィール

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/16 (Sat) 01:00
IE使用中にcookieの状況を表示してみる

IEのツール→インターネットオプション メニューを選び、その中の「プライバシー」タブの「詳細設定」ボタンを選ぶと、ファーストパーティー(直接見ようとしているページ)とサードパーティー(見ようとしているページに埋め込まれている別サイトのページ)について、Cookieの処理方法を選ぶことができます。

ここで「ダイアログを表示する」というオプションを選択すると、サイトが自分のパソコンにCookieを仕込もうとするたびに、その情報がダイアログで表示され、受け入れるかどうか選択できるようになります。

毎回そんなことを聞かれるのは面倒と思われるかもしれませんが、やったことの無い方は一度試してみてください。普段自分が使っているサイトだけでも、予想外に多くのCookieが仕込まれることに驚くかもしれません(後述の「管理しているWebサイト」を一旦全部削除すると、仕込まれる様子がより明確になります)。

ダイアログが表示された時点で「Cookieを許可」あるいは「Cookieをブロック」を選ぶことができますが、ここで「このWebサイトからのCookieすべてにこの設定を適用する」というチェックボックスを同時に選ぶと、同じサイトについては以後聞いてきませんので、最初しばらくの間だけ我慢して選択していれば、通常使用するサイトではダイアログはほとんどでなくなります。

Cookieについては、それを受けれたからといって即個人情報が漏れる、というようなものではありませんが、その実態を感覚として把握しておくことは意味があると思います。

ただし、認証を伴うサイトでいったんCookieをブロックしてしまうと、正常にログインができなくなる場合があります。しかも作りの甘いサイトでは「Cookieを有効にしてください」というようなエラーや警告も出さず、無言でログイン画面に差し戻される、というようなわかりにくい現象が発生する場合がありますので、注意してください。

このような場合は、同じ「プライバシー」タブの「サイト」ボタンを選び、そこで表示される「管理しているWebサイト」の中から問題が発生しているサイトのドメインを探して一旦その情報を削除してください。そうすると、再度確認ダイアログが表示されるようになりますので、そこで「Cookieを許可」を選択すれば解決します。

ところで、なぜ突然こんな話をしているかというと、実はこの「管理しているWebサイト」から1つのサイトを削除するつもりが、誤って「すべて削除」ボタンを押してしまい、全ての登録情報を消してしまったためです。大量情報を削除するコマンドで確認ダイアログも出さないのは、ある意味UI上の欠陥ですよ、MSさん。

スポンサーサイト

テーマ : ブラウザ - ジャンル : コンピュータ

<< データバックアップに便利なrobocopyコマンド | ホーム | 年金個人情報提供サービス >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。