プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/06/09 (Sat) 21:20
指紋認証機能付きUSBメモリ JetFlash 210

楽天でTranscendの指紋認証機能付きUSBメモリ JetFlash 210を購入しました。2GBで税・送料込み6800円程度と、指紋認証付きにしては、まずまずお手ごろな値段です。

IMGP0707 

初めてPCに挿すと管理ツールが自動起動し(VISTAは手動)、パスワードの入力や、指紋の登録が求められます。指紋の登録は、写真の青い丸の部分の左側にある金色のスリットを指でなぞることによって行います。その気になれば左右の指10本とも登録できますが、手の怪我などに備えて、少なくとも左右のどれかの指は登録しておいたほうが良いと思います。

記憶領域は、PCに挿すだけで見えるパブリック領域と、指紋認証またはパスワード入力でロックを解除しないと見えないプライベート領域に分かれます(ツールでサイズの割合は変更可能)。ロックが解除されているかどうかで、1つのドライブ文字に対して、これらのいずれかの領域が割り当てられます(つまり同時に両方の領域は見えません)。

また、この記憶領域とは別にもう1つドライブ文字が割り当てられ、こちらには管理ツールが入っています(ドライブ文字を2つ使われるので注意)。

通常は空いているドライブ文字の中の先頭の2つが使われますが、そのあたりは別のデバイスが繋がれると使われてしまう可能性がああります。使い始めてからドライブ文字が変わるのは嫌なので、Windowsの「ディスクの管理」機能で後ろのほうのドライブに割り当て直しました。

付加機能として、パソコン上のファイルを暗号化する機能や、Webのログインアカウント・パスワードを記憶する機能などがあります。せっかくの指紋認証付きなのに、パソコンをロックする機能が入っていなかったのは、ちょっと残念でした。

とりあえずこれに、先日始めた紙copiのGTDのデータを入れようと思います。これで安心して仕事場などにもGTDのデータを持ち出せます。

スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

<< 紙copiでGTD試行 その3 | ホーム | Pocket MindMap日本語版発売 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。