プロフィール

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/04/22 (Sun) 18:05
IOデータ Giga LANDISK HDL-GX320R

マシンの入れ替えやOSのアップグレード時に毎回頭を悩ますのが、データ保存・移行の問題です。今回自宅マシンをVISTAにアップグレードするにあたり、このデータ移行を容易にするために外部ディスクを導入しました。


導入したのはNASと呼ばれるタイプの、IOデータ Giga LANDISK HDL-GX320R です。容量は320GBで、今の自分のPCの使い方としては十分なものです。ネットワーク接続型なので、ディスクはネットワーク上の別マシンの共有フォルダのように見えます。これをPCのドライブにマウントして使用します。


VISTAをインストールする前にマシン内の文書・画像・音楽など、すべてのデータをLANDISKにコピーします。また、コピーのし忘れに備えて、念のためディスク全体を圧縮してバックアップしておきます。


アプリの移行は、ディスクのクリーンアップもかねて、OSのクリーンストール後に再インストールすることにしました。このため、ネットから入手したツールのインストーラなども極力LANDISK上に集めておくことにします。


この後、OSとアプリをインストールし、アプリでLANDISK上のデータを参照するように設定すれば移行完了です。


一度これをやってしまえば、次からのデータ移行を考える必要がなく、また平行して使用しているノートPCなどからもデスクトップと同様のデータが参照できるようになって、非常に快適になりました。


ただし、データを集中させた関係上、このディスクがクラッシュすると全てのデータを失うというリスクと隣り合わせになります。幸いLANDISKは内臓ディスクの他に外付けでUSBディスクを増設できますので、余っていた古いディスクを安いUSBディスクケースに入れて接続し、バックアップディスクとしました。LANDISKでバックアップのスケジュールを設定しておくと、自動的に内臓ディスクの指定フォルダ全部を定期的にバックアップしてくれます。


残念な点としては、他のNASではiTunesのデータを格納する機能を搭載したものがありますが、LANDISKはこれに対応していないようで、複数のマシンからiTunesのライブラリを共有できません。これについては、なんとかならないものか、対応策を模索中です。

スポンサーサイト

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

<< Googleにサイト登録 | ホーム | FC2ブログ 設定メモ >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。