プロフィール

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/05/21 (Mon) 23:50
Pocket MindMap試用版

昨日Windows Mobile デバイスセンターをインストールしてW-ZERO3を使用する環境が整ったことに気をよくして、今日は前から気になっていたPocket MindMapの試用版をインストールしてみました。


残念ながら現状は英語版ですが、ちゃんと日本語を入力することができます。W-ZERO3の狭い画面でマインドマップが書けるのだろうかと若干不安でしたが、実際に触ってみると予想外に使いやすかったです。


画面が狭くスクロールは必須なので、そこがまずネックになるかと思いましたが、freemindと同じように空白部分をタップしてドラッグすることで全方向にスクロールできますので、あまり問題ありませんでした(さすがにドラッグ中はfreemindのようにリアルタイムに描画更新はされませんが)。


また、あるノードから先を簡単に別のマップに切り出してリンクしたり、元に戻したりする"Promote to Map"という機能があり、これも狭い画面で大き目のマップを作るときに役立ちそうです。


それでも、ノードに長文を入れるとさすがにきつそうですが、キーワードだけを入れれば見事にマインドマップになっていきます(もともとマインドマップのノードに長文を書くのは邪道なようですしね)。


更に基本的な機能も豊富で、ノードにプロパティとしてさまざまな情報が付加できますし、手書きメモや音声も入れられます。また、吹き出しのようなフローティングオブジェクトや、ノード間の矢印によるリンクもしっかり書けます。


あと、マップをMindManager X5形式でエクスポートできますので、それを読み込ませれば簡単にfreemindにデータ移行できます(freemind→Pocket MindMap方向の移行は、まだできるのかどうかわかりませんが)。


これはひょっとしたら、私的にはW-ZERO3のキラーアプリになるかもしれません。こちらを見るとそろそろ日本語版もでそうですし、出たら買ってしまいそうです(いまどきの個人で使うアプリとしては7300円+税 というお値段が若干ネックですが)。


スポンサーサイト

テーマ : PDA - ジャンル : コンピュータ

<< シャドウコピーで障害復旧 | ホーム | Windows Mobile デバイスセンター >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。