プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/08/25 (Sat) 22:05
2GB microSDをWX310Kで使う

先日WX310Kで使えなかったと書いた2GBのMicroSDですが、VMWare上のubuntuでGpardedというパーティション作成ツールを使うことで、1GB分だけ使えるようになりましたので、その手順について報告します。

まず、VMWare版で配布されているubuntuには標準ではGpartedが入っていませんので、これをインストールします。具体的には、パッケージマネージャーでGpartedという名前で検索し、表示されたらこれを選択してインストールします。

次にインストールしたツール(メニュー名:GNOME Partition Editor)を起動します。VMWare版のubuntuの場合、標準でUSB上のメディアが認識されているはずですので、ツールバー右端のドロップダウンで目的のmicorSDを選択します(この選択を誤ると無関係のメディアの内容を破壊することになりますので、容量などを参考に慎重に選択してください)。

あとは、

 ・アンマウント
 ・(パーティションの)削除
 ・(パーティションの)新規(作成)
 ・フォーマット

という手順で操作します。更新系の処理は一旦保留され、適用を実行するまで反映されませんが、複数命令を保留して一気に実行するとエラーになることがあるようですので、一回ずつ確実に適用していったほうがよさそうです。

なお、ツールがやっているのかOSがやっているのかよくわかりませんが、操作の途中でメディアが勝手にマウントされますので、随時アンマウントしてください。

パーティションのサイズは最大1000MBです(1024MBだと、WX310Kが正常に認識しませんでした)。

また、パーティション作成時およびフォーマット時のファイルシステムはFATまたはFAT32を選択します。

これで容量半分ながら、無事WX310Kで使用できるようになりました。これだけ容量があれば、青空文庫の文書など、入れ放題ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 新製品情報 家電・AV器機・周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

<< WX310Kで青空文庫のテキストを読む | ホーム | VMWare Playerで仮想マシンを2CPUで動かす >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。