プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/07/31 (Tue) 23:55
iPodの動画エンコード高速化

さて、マシンの設定もひと段落したので、今度はなにに使うかを考え始めています。

グラフィックも強化されたので、久しぶりにオンラインゲームなんかもやってみたい気もしますが時間がかかるので、ここはマシンパワーを一番活かせる用途として、iPodの動画エンコードを考えてみました。

以前に書きましたが、私がiPod向けの動画作成に使用しているのは、操作がお手軽な携帯動画変換君です。

しかし、残念なことに携帯動画変換君はマルチスレッドに対応していないようで、Q6600のクアッドコアを生かすことができません。

そこでネットをいろいろと調べていると、こちらで耳寄りな情報を見つけました。携帯動画変換君の設定ファイルを手動で編集し、ffmpegの引数に「-threads n」を追加することによって、マルチスレッドエンコードができるようです。

小さな動画ファイルで試してみたところ、以下のように確かに効果はありました。

 ・1スレッド:92秒
 ・2スレッド:76秒
 ・3スレッド:71秒
 ・4スレッド:72秒

ただし値を見てもわかるように、改善率は思ったほど高くありません。3→4スレッドにいたっては、まったく改善していません。

エンコード中のCPUの使用状況を見ていると、平均で30~40%くらいしか使っていませんので、CPU以外の部分がボトルネックになっているのかもしれません。

まあ、それでも会社から帰宅して寝るまでの間に映画を2,3本余裕でエンコードでき、しかもエンコード中もほぼ何の支障もなくブログを書いたりWebを見たりできるですから、今までのPen4マシンでは考えられない高性能ではあります。

スポンサーサイト

テーマ : iPod - ジャンル : コンピュータ

2007/07/31 (Tue) 00:30
EISTの設定

昨日まででマシンのチューニングが終わったので、もう少し細かい設定ポイントを見てみました。

気になっていたのは、オーバークロックのためにすべてDisableにしていたC.I.A.2やEISTなどの自動的にクロックを調整する機能です。

昨日のオーバークロック調整中の挙動などから考えると、C.I.A.2はCPU負荷が高いときにFSBを自動的にある程度上昇させる機能のようですね。

一方、EISTはCPU負荷が低いときに、クロックの倍率を9から6に下げるようです。

前者はピーク時の性能向上を、後者は平常時の省電力を狙ったもののようで、ある意味真反対の機能ですね。

C.I.A.2はFSBをいじるせいかオーバークロックとの相性が悪いですが、EISTの方は設定を復活させてみたところ、オーバークロック後も特に問題なく動いているようです。クロックの倍率をいじるだけなので、影響が少ないのかもしれません。

アイドル時のCPU温度が少しでも下がるかもしれないので、しばらくこれで運用してみようかと思います。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/30 (Mon) 01:15
Q6600マシン チューニング

今日はマシンへのソフトのインストールとチューニングをやってました。

オーバークロックに挑戦するため、まずGIGABYTEのマザーボード(P35-DS4)についてきたEasyTune5というソフトを使用してみました。しかし、ソフトで設定するとその場ではクロックが上がるのですが、再起動すると元に戻るということの繰り返しで、結局このソフトの使用は断念。

次にBIOSでの設定に挑戦しましたが、OSが起動途中でハングしたりでなかなかうまくいかず、結局

 ・CPU Enhanced Hait (C1E)
 ・CPU EIST Function
 ・C.I.A.2

など、余計な動きをしそうな機能をすべてDisableにして、ようやくクロックアップに成功しました。現状はあまり無理はせず、2.4→3.0GHzのアップにとどめています。

極限まで調整すればもう少しいけそうですが、オーバークロック前でも十分速いと感じていましたので、耐久性も考えてこのあたりにしておきました。

あと、チューニングの途中でメモリがシングルチャンネルになっていることに気がつき、調べてみるとメモリの挿し方を間違えていました。ボートにメモリスロットが2セットあるときに、2枚を隣同士ではなく1つおきに挿すなんて思いつきませんよ(いや、マニュアルを読めばちゃんと書いてあんですが)。

これでマシンのセットアップはひと段落しました。使ってみた感想としては、やはりPen4マシンとは別物ですね。現状、Pen4マシンでVISTAを使っている方には、特にマシンのアップグレードをお勧めしたいと思います。

 

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/29 (Sun) 02:40
新マシン稼動

なんとか土曜1日でマシン組み立てが終わり、OSが稼動するところまで来ました。

CPUクーラーがマザーボードのヒートシンクと干渉してつかなかったり、引っかかったところもありましたが、総じて比較的順調に進みました。

使うコードを選択して取り付けられる電源、コードの取り回しやメンテナンス性まで考慮したケースなど、やはり時代は進んでますね。

ちょっと高めのパーツをそろえてしまったかと思っていましたが、値段分の違いはあったようです。

一番印象に残ったパーツはケースのAntec Soloでしょうか。なかなかよくできた使いやすいケースですが、何しろとんでもなく重いです。電源も着いていない空の状態で持ち運んでいるとき、中身一式入っているんじゃないかと思うくらいの重量感でした。

まだOSがやっと立ち上がったくらいのところなので、日曜はソフトをインストールして環境の整備です。その後は、オーバークロックに挑戦かな。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/27 (Fri) 22:30
新ステップ版Q6600ゲット

今日帰宅時に、だめもとで会社の近くのPCショップに新ステップ版Q6600が無いか見にに行ったところ、なんと1つだけ在庫発見。

予約品のようにレジ横に置いてあったのでだめかと思いましたが、聞いてみたところ販売OKとのこと。ロットにまで注文をつける(私のような^^;)口うるさい客に対応するため、店の人が選別してストックしてあったようです。

当然、速攻で購入を決めました。更に勢いに任せてPCのパーツ一式を衝動買いしてしまいました。だいたい、以下のような感じです。

・Core2QUAD Q6600(新ステップ版)
・マサーボード:GIGABYTE GA-P35-DS4
・メモリ:UMAX Pulsar DDR-2 800 1GBx2
・ディスク:Seagate ST3320620AS (320G SATA300 7200) x 2
・ビデオ:GIGABYTE GV-NX86T256D (GeForce 8600GT 256MB)
・DVD:日立LG GSA-H62N
・ケース:Antec Solo (ホワイト)
・電源;ENERMAX LIBERTY 500W

これでしめて15万円弱(OS,キーボード,マウスは無し)。探せばもう少し安くなったような気もしますが、そこそこのグレードのパーツが揃えられた(と思われる)ので、良しとしましょう。

というわけで、今うちのキッチンには上記のパーツが散乱しています(リビングにはPCを組み立てるスペース無し)。問題は10年以上PCの組み立てなどしていない自分に組み立てられるかどうか。まあ、土日をつぶすつもりで挑戦してみます。

2007/07/27 (Fri) 00:48
KINGSOFT InternetSecurity free

従来から中国発のセキュリティソフトを提供していたKINGSOFTから、無料のKINGSOFT InternetSecurity freeが出たと聞いたので、インストールしてみました。

機能はウィルススキャン、ファイアウォールなど一通りそろっており、インターフェースもスッキリしていて、見た目はなかなかいい感じです。

動作のほうも、セキュリティソフトの中ではかなり軽快な感じがします。プロセスのメモリサイズが30-40MB程度でやや多いですが、うちのマシンはメモリを2GB積んでますのでそれほど気になりません。

肝心の検出精度はまだなんともいえませんが、しばらく使ってみようと思います。

しかしセキュリティソフトもお値段は下がるとこまで下がってきましたので、ここから先は性能や精度の勝負になっていくのでしょうか。

テーマ : インターネットセキュリティー - ジャンル : コンピュータ

2007/07/25 (Wed) 23:58
VMWare ServerとVMWare Playerを同じマシンで動かす

先日、VMWareについて書きましたが、やはり一番の問題は、1つのマシンにVMWare ServerとVMWare Playerが同時にはインストールできないことです。

これではVMWare Playerでの実行を前提とすると、VMWare Serverでしかできないバーチャルマシンの設定変更ができなくなり、非常に不便です。

そこで思いついたのが、VMWare Serverを同じマシン内の仮想マシン上で動かす、という荒業です。

試してみたところ、さすがにVMWareの仮想マシン上でVMWare Serverは動きませんでした。ではVirtualPCではどうか?

VirtualPC 2007にインストールしたWindows2000上で試したところ、こちらは一応VMWare Serverが動きました。ただし、VMWareコンソールのみで、仮想マシンの実行はやはりエラーがでて動きません。しかし、コンソールさえ動けば仮想マシンの設定の修正ができますので、当初の目的は達成できます。

なお、VMWareの仮想マシンの設定を修正するためには、当然その仮想マシンのファイルが見える必要があるわけですが、これはVirtualPCの仮想マシンの設定で、VMWareの仮想マシンファイルのあるディスクを共有ディスクに設定することで実現可能でした。

ただし、VirtualPCの仮想マシンでは、自身の仮想マシンファイルのあるディスクを共有ディスクに設定することはできないため、VirtualPCの仮想マシンとVMWareの仮想マシンは別のディスクに置く必要があります。

私の場合は、VirtualPCの仮想マシンをNAS上にコピーして実行してみたところ、思ったほど性能劣化もなく普通に実行することができました。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/23 (Mon) 23:48
年金個人情報提供サービスを使ってみる

思い返すと、年金個人情報提供サービスに申し込んだとここで書いたのは、6月15日でした。

そして、1ヵ月以上を経て今日、やっとユーザーIDとパスワードが郵送で届きました。もうほとんど、申し込んだことを忘れていましたよ、まったっく。やはり、相当申し込みが殺到していたんでしょうか。

早速サービスにログインしてみますが、ここで送られてきたユーザーID・パスワード以外に、申し込み時にWeb画面上で指定したパスワードも必要です(これから申し込む人は、しっかりメモしておいてください)。

さて、ログインして自分の年金加入記録を表示してみると、転職の前後を含めてちゃんと記録が残っていました。転職の境目で、1ヶ月だけ国民年金を払ったこともしっかり出てきます。

年金については色々問題が噴出していますが、自分については問題はなさそうで一安心しました。

申し込んでから使えるようになるまで若干時間がかかりますが、年金について少しでも不安を感じる方は、申し込んでみるとよいと思います。

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/22 (Sun) 23:25
Q6600 自作かBTOか

いよいよIntelのCore2シリーズが価格改定されて発売されましたね。

新しくステッピングが変更されてB-3からG-0になったQ6600が人気のようですが、まだB-3のQ6600と混じって販売されているようで、直接秋葉原や日本橋に買出しに行って自分の目で確かめられる人以外は、悩ましいところです。

私もQ6600に的を絞って今日近場のPCショップを回ってみましたが、在庫されているのは全てまだB-3品のようでした。

マシン買い替えは通販によるBTOマシンを考えていたのですが、こうなると使用するCPUのステッピングまで保証してくれるショップがあるかどうか、難しいところです。

いっそ部品を集めて自作するか、などと考え始めてしまいます(自作は初代Pentiumの頃にして以来やってないんですが^^;)。

まあステッピングなど、あまりこ気にしなければいいのでしょうが。しかし、B-3品のほうがそれなりにお安くなっているのならともかく、同じ値段であれば、やはりせっかく買うのだから、とこだわってしまいますね。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/22 (Sun) 00:30
JetFlash210修理完了

先日、指紋認証付きUSBメモリJetFlash210が故障したという話を書きましたが、その修理品が届きました。修理といっても、代わりに新品パッケージが送られてきたわけですが。

しかし、今回の修理手続きはなかなかダイナミックでした。まずは購入した楽天の店にメールで故障を連絡したのですが、Transcendに直接故障品を着払いで送ってくれとの返信。

しかし、送り先は記載してあるものの、それ以上ほとんど何も手続きについて書いてないため、メールのコピーに若干追加書きをして添付して送付。

返送時も、送られてきたのは現品のパッケージと納品書のみ。なんとも大雑把で本当に修理が進んでいるのか少し不安でしたが、海外製品というのは、だいたいこんなものなのでしょうか。

また、送られてきた新しいパッケージは、本体のロットは新しくなっているようなのに、付属のソフトCDはバージョンが下がっているなど、ほんとに海外製品は謎が多いです。

テーマ : PC周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/21 (Sat) 00:30
xfy Blog Editor再び

xfy Blog Editorの新バージョンが出たようなので、再び使ってみています。

思えばこのブログを始めたときに使い始めたのがxfy Blog Editorでした。その後、Windows Live Writer 日本語β版から紙copiによる記述が主に移っていましたが、再び戻ってきました。

相変わらずVISTAは未対応のようですが、インストーラーの互換性設定でXPを指定することでインストールすることができました。

新しい機能の中では、画像アップロードフォルダが指定できるのがうれしいかと思いきや、FC2ブログでは使用できないとのことで残念でした。

レスポンス的には相変わらず、若干もっさり。しかし、これはマシンをアップグレードすれば気にならなくなるかな。

とりあえず、またしばらくは使ってみたいと思います。

テーマ : ソフトウェア - ジャンル : コンピュータ

2007/07/19 (Thu) 23:58
いよいよ来るかQ6600

今日帰ったら、近所のPCショップからパソコン新製品のお知らせハガキが来ていました。


Core2Quad Q6600かCore2DUO E6850いずれかが選べて、1セット \108000だそうです(メモリDDR2-667 2G、HDD 320GB、OS無し)。値下げは7月22日からのはずですから、若干フライングでしょうか。


ただし、このセットにはグラフックボードが含まれていないので、それなりのものを入れるとだいたい13~14万あたりですね。クアッドコアあるいは最高レベルのデュアルコアマシンと考えると、なかなかお手ごろ感があります。


このお店だったら車で乗り付けてそのままお持ち帰りできるので、かなり惹かれます。ネット上のBTOショップでの値下げCPUへの対応が遅いようなら、ここに走ってしまいそうです。


このクラスのマシンになると、最近試している仮想化ソフトも平行して軽々と動きそうで、楽しみです。

テーマ : 自作・改造 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/18 (Wed) 23:09
VMwareを試す

先日Virtual PC 2007について書きましたが、Windowsでメジャーであるもう一つの仮想化ソフトVMwareについても試してみました。


VMwareで無料で使用できる仮想化ソフトとしては、VMware ServerVMware Playerが提供されています。


VMWare Serverは名前のとおり、主にServerの仮想化を目的にしている製品と思われます。仮想マシンの定義から実行まで一通りの機能が含まれていますが、それらは全てVMware Server Consoleというアプリの中で行われます。このアプリに若干画面の領域を食われますので、クライアントソフトの実行には若干不向きです。


一方VMware Playerの方は完全に仮想マシンの実行に特化したソフトです。こちらはVirtual PCとほぼ同じように、一つのウィンドウアプリの感覚で仮想マシンを実行できます。ただし、こちらには仮想マシンを定義する機能が含まれていませんので、仮想マシンの作成は別途VMware Serverなどで行う必要があります。


ここで問題なのは、上記のVMware ServerとVMware Playerが1つのマシンに同時にはインストールできないことです。したがって、VMware Serverで仮想マシンを定義し、VMware Playerで実行するためには、各々を別々のマシンにインストールして仮想マシンのファイルをコピーするか、インストール・アンインストールを繰り返す必要があります。


この点においては、すべての機能を包含しているVirtual PCのほうが使いやすそうです。ただし、アプリの実行速度については、若干VMwareのほうがスムーズな印象を受けました(計測したわけではないので、感覚的な微妙な差ですが)。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/17 (Tue) 01:18
SecondLife続き

昨日に引き続きSecondLifeです。


今日入ってみると、昨日ハングル文字だったチュートリアルが出なくなっていました。仕方なくオリエンテーションアイランドから外の世界に飛び出すことに。


とりあえず以前に本で読んだ、金のなる木を捜索。"Money Tree"で検索すると山ほど引っかかるので、とりあえず片っ端からワープ。しかし実際行ってみても人影もまばらで、それらしき木はなかなか見つけられず、やっと見つけても何もなっていない。やはりこの世界は甘くなさそうだ。


ならば次のお楽しみは無料アイテムだ、ということで、これも本に載っていた無料の服を配布している場所へワープ。そこは非常に多くの人でにぎわっていました。とりあえず0L$の服を片っ端から購入して試着。こっちは結構楽しめました。


しかし、周りの人を見ていると、時々とんでもなくきれいな人がいますね。それに触発されてアバターの顔を少しいじってみましたが、元がアメコミくさい顔立ちなので、なかなか美男美女には程遠い状況。あのきれいな顔立ちは、やっぱり有料のスキンか何かを買っているんだしょうか。


なんてことをやっているうちに1日終わりましたが、やはりサービスを受けるだけではすぐ飽きが来そうですね。今日はアバターの整形で結構楽しめましたが、長く続けるなら、オブジェクトやスクリプトの作成など、創作的な方向に進みたいところです。

テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

2007/07/16 (Mon) 01:39
SecondLife日本語ベータ版を試してみる

ネットで日本語ベータ版が出たという情報を見たので、前から気になっていたSecondLifeを試してみました。


ダウンロード、インストール、アカウント登録までは特に引っかかることも無く順調にいったのですが、いざ起動しようとすると、ビデオカードが対応していないというエラー発生。


しばし悩みましたが原因つかめず、ネットを検索すると「ビデオカードによっては対応OSであってもインストールできない場合がある」ということがあちこちに書いてあります。これに当たってしまったか。


しかしビデオボードはGeforceだからチップに対応してないということもなかろうし、VISTAのWindows Aeroが動くレベルなのでスペック不足ということもなかろう、ということでとりあえずNvidiaから最新のドライバをダウンロード。これを適用したところ、見事に動くようになりました。


早速起動してログインすると、初心者が最初にいくオリエンテーションアイランドという狭いエリアに降り立ちます。このエリアでは初心者が操作方法を習得するための色々なチュートリアルを兼ねた課題が受けられるようです。


ところが、このチュートリアルと思われるものの表示がなぜかハングル文字です。日本語になってないまでも、せめて英語表示だったら何とか進められるんですが、ハングル文字ではお手上げです。このあたりは、まだまだベータ版ということでしょうか。


というわけで、今日はアバターの外観などをちょっといじっただけで終わりました。SecondLifeの醍醐味を味わうまでには、まだまだ道のりが長そうです。

テーマ : インターネットサービス - ジャンル : コンピュータ

2007/07/15 (Sun) 00:54
台風接近でアメダス観察

台風4号は若干勢力が弱まったものの、相変わらず強い勢力を保っていますね。私のいる四国では、これから明け方ころまでが風雨のピークのようです。今日は1日アメダスなどを見ながら台風の動向を伺っていました。


私がアメダスを見るのに使用しているのは、こちらのサイトです。通常の天気予報ページなどで表示されるアメダス情報は降雨量のみのことが多いですが、こちらのサイトではそれに加えて、風向風速や気温の情報なども見ることができます。


今日は風向を見ると、風が見事に渦を巻いていて、台風の位置がよくわかりました。


またこのサイトでは、実際の直近の雨や気温の状況が具体的に見えるので、外出時の天気や服装の判断にも、大雑把な天気予報よりよほど役に立ちます。


一昔前なら気象予報士など一部の人しか目にすることができなかったこういう情報が、誰でも好きなときに利用できるようになってきているのは、実は結構すごいことなのかもしれません。

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/14 (Sat) 00:31
Virtual PCのバーチャルハードディスク

先日に続いてVirtual PC 2007の話です。今日は色々試してわかった、バーチャルハードディスクの仕組みについて書いてみます。


Virtual PCのバーチャルマシンでは、バーチャルハードディスクという仮想的なディスクを使用します。バーチャルハードディスクは、ホストOS上では1つのファイルとして見えます。このため、特別なパーティションなどを用意する必要が無く、簡単に作成することができます。


バーチャルディスクには、容量が可変と固定のタイプがあります。使用が推奨されてい容量可変のタイプは初期のファイルサイズが非常に小さく、バーチャルディスクを使用するに従って、ファイルのサイズが拡張されていきます。


また、通常のバーチャルディスクのほかに、差分バーチャルディスクというものもあります。これは、あるバーチャルディスクをベースとして、そこからの更新差分のみを記録するバーチャルディスクです。


これを使用すると、例えばまずWindowsXPの通常のバーチャルディスクを作成し、それをベースにしてSP1を適用した差分バーチャルディスクとSP2を適用した差分バーチャルディスクを作る、というようなことができます。これにより、ディスクの作成時間も容量も節約することができます。


ただし、差分ディスクの元になったバーチャルディスクを更新してしまうと、差分ディスクも使用できなくなりますので、元になったバーチャルディスクは書き込み禁止状態にして保存しておくほうが良いでしょう。また、差分ディスクを元にして更に差分ディスクを作成する、ということもできるようです。


さらに、少しややこしいですが、復元ディスクというものもあります。これはバーチャルディスクというよりは、バーチャルマシンの設定の一種ともいえます。バーチャルマシンでこれを設定しておくと、起動してからのディスクの更新情報が、バーチャルディスクとは別の領域に記録されます(実体はバーチャルディスクと同じ場所に、別名のファイルが自動生成されます)。


これを設定すると、バーチャルマシン停止時に、起動してからのディスクの更新を取り消す・バーチャルディスクに反映する・更新情報をそのまま保持する、という選択肢を選択できます。これにより、あるソフトをインストールして試用し、試用が終わった後はマシンを完全に元の状態に復元する、とういようなことが簡単にできます。


これらの機能を使いこなすと、ソフトウェアのテスト時に頭を悩ませるテスト環境の準備(OSやブラウザの種類・バージョンなどの準備)が、かなり簡単になりそうですね。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/13 (Fri) 00:20
毎日ボートマッチ(えらぼーと)

参院選が公示されましたが、これにちなんでちょっと気になっていた「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」というサービスを試してみました。

これはサイト上で政治に関するアンケート的な質問に答えると、自分の回答と各政党の候補者の回答を比較し、自分の考えと各党の方針がどのくらい一致しているか数値で表示してくれるというサービスです。


自分が実際にやってみたところでは、質問数は計21問で、結果は自民・公明のマッチ度数が35%前後、他党が50~70%で、見事に与野党でマッチ度合いが分かれました。


また自分の回答を、選挙区や比例代表の党別の候補者の回答との比較して見ることもできます。


こういう手法は欧州などではかなり普及しているらしいですが、今回見た限りでは、このサイトはまだ非常に荒削りな印象を受けました。


しかし、選挙直前に選挙新聞をちょっと見るだけ、もっとひどいときには投票所で掲示を見るだけで投票することも多かった自分の行動を考えると、やってみた価値はあったと思います。


最近のインターネットの利用は何かと最先端の技術を追うほうに流されがちですが、その前にこういう生活に密着した使用方法をもっと充実することも重要だと思います。今後はより質問を詳細化するなどして、もっと正確な判定ができるよう整備されていくことを期待します。

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/12 (Thu) 00:49
Virtual PC 2007を使ってみる

ネット上で、VISTA向けにチューニングされたMicrosoftのVirtual PC 2007が無償で公開されていることを知ったので、インストールしてみました。


ものはこちらからダウンロードできます。昔の仮想ソフトは設定が結構面倒だったりしたのですが、これは本当にインストーラーを実行するだけであっさりインストールできました。


インストールしたVirtual PCを起動すると、まず「Virtual PC コンソール」というウィンドウが起動します。ここで新規のバーチャルマシンとバーチャルハードディスクを定義して、それを起動することになります。この定義作業も、ウィザードに従えばあっという間に終わります。


この後、定義したバーチャルマシンを起動しますが、当然定義したばかりのバーチャルマシンにはまだOSが入っていませんので、最初にOSをインストールすることになります。


ここから先は、通常のPCにOSをインストールするのとほぼ同等の手順になります。まず、OSのCDをPCのドライブにいれます。バーチャルマシン生成ウィザードがCDドライブをしっかりバーチャルマシンにも組み込んでくれていますので、これで問題なくCDが認識されます。万一CDが認識されない場合は、バーチャルマシンウィンドウのCDメニューから、「物理ドライブ X:を使用」 (XはCDのドライブ文字)を選択してみてください。


次に、Virtual PC コンソールで起動ボタンを押すと、バーチャルマシンのブートが始まります。通常はPCのコンソール画面でみるインストール画面が、バーチャルマシンのウィンドウ内で展開されます。


OSのインストールが終わればすぐに起動できますが、起動したらすぐにバーチャルマシンウィンドウの操作メニュー内にある「バーチャルマシン追加機能のインストール/更新」を実行しておきましょう。これを実行しないと、バーチャルマシンのウィンドウ内でマウスクリックを行った場合に、マウスカーソルがキャプチャされて外に出せなくなります(デフォルトでは、右側のAltキーを押すと、キャプチャが解除されます)。


以上、言葉で書くと複雑そうですが、実際やってみるとあっけないほど簡単に、PC内でもう1つのOSが動き始めます。これだったら、下手に複数のOSを動かしたいためにマルチブートなどをするよりは、こちらのほうがよほどお手軽であると感じました。こんなソフトが無償で手に入るのは驚きです。


ただし、ヴァーチャルマシンにインストールするOSのライセンスは、ホストのOSとは別にしっかり必要になりますので、この点は注意してください(このあたりがMicrosoftの狙いなのでしょうね)。


また、バーチャルマシンで使用するメモリはしっかりホストOS上で消費されますので、メモリだけは余裕があるマシンで実行することをお勧めします。

テーマ : Windows 全般 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/10 (Tue) 23:55
「Get Autobahn」を試す

百式さんの記事 iTunesのダウンロード速度を10倍速にしてくれる『Get Autobahn』 で紹介されていたGet Autobahnです。


前から気になっていたんですが、海外産のバイナリファイルをいきなりインストールするのも怖いので、紙copiのGTDの「あとでやる」箱に放り込んでしばらく様子見。しかし、特に悪い噂も無いようなのでいよいよ導入してみました。


結果ですが、やはりダウンロードがかなり速くなりますね。というかiTunesは、元々のダウンロード速度が遅すぎです。これでやっと通常のファイルのダウンロード速度に戻ったような気がします。


私は週末に、通勤の車内で聞くPodcastをまとめてダウンロードするのですが、今まで遅くてかなりイライラしていたのが、これで解消されそうです。

テーマ : iTunes - ジャンル : コンピュータ

2007/07/10 (Tue) 00:17
シャドウコピー その後

5月にVISTAのシャドウコピーを設定した話を書きましたが、その後の状況です。


エクスプローラーでCドライブの「以前のバージョン」を確認してみると、7月9日現在、5月19日以降のバージョンが残っていることがわかります。


またコマンドライン


 vssadmin List ShadowStorage


でシャドウコピーの使用領域の状況を見ると、約84GBが使われていました。


ディスクにはまだ空きがあり、使用領域の最大値は設定していないので、領域的には更に拡大可能なはずですが、バージョンが約50日分しか残っていないので、VISTAのシャドウコピーでは、これが保存期間の限界なのかもしれません。


Windows2003 Serverで試したときには最大約2ヶ月分の履歴が残っていたと思うのですが、いずれにしても履歴の保存期間はその程度です。


したがって、シャドウコピーの用途としては、やはりバックアップというよりは、不測の事態が起こったとき(起こしてしまったとき)のリカバリ用と考えるのが妥当なようです。

テーマ : Windows Vista - ジャンル : コンピュータ

2007/07/08 (Sun) 23:06
Twitterでネチケットは成り立つのか

Twitterで何をつぶやくのか という記事でTwitterとネチケットについて書かれていますが、自分もこの点は気になっていました。


Twitterで何を書くべきで何を書くべきでないか、何を書いてよくて何を書いてはいけないか。これはTwitterのような独り言系メディアでは、統一することのできない永遠の課題のような気がします。ある人がこれは役立つ、あるいは他の人にぜひ知ってもらいたい、と思って投稿した情報も、興味の無い人にとってはただの雑音でしかないわけですから。


上の記事の更に引用先のはてなブックマークの記事では、いやな投稿をする人はremoveすれば良いだけ、という意見が多いようです。一旦friends登録した人をremoveするのはなかなか忍びないものですが、自分もこれ以外に落としどころがないような気がします。


また、一昔前にナレッジマネジメントという言葉が流行した時期がありましたが、そのころ私の勤め先でも社内の人員やシステムが持っている知識・情報をいかに活用するか、ということがしきりに議論されました。


そこで出てきた話として、情報の価値はその提供者が決めるのではなく、使用者が決めるべきというものがありました。つまり情報を持っている人が、この情報はあの部門の人に役立ちそうだからそこに公開しましょうという考え方ではなくて、公開範囲は極力制限せず情報の価値は受け取る側で判断して取捨選択してもらいましょう、という考え方です。


これは一理あると思いました。この考え方からしても、Twitterに流れる情報はあまり制限せず(しようと思ってもできませんが)、玉石混合状態のほうが面白そうです。


ただし、この状態で情報を有効に活用するには、受け取り側が自分の目的に応じて情報を検索したり絞り込んだりする手段が不可欠です。現状のTwitterでは、これが登録するFriendを選択するか、Twitter検索くらいしかないわけで、やや貧弱ですね。


メールの世界では、データマイニング的な手法を使ってスパムメールを自動的に検出したり、メールをカテゴライズする手法がかなり普及してきています。Twitterでも、このような手法をつかって自分の欲する情報を効率よく取り込めるようになったりすると面白そうです。


もちろん、そんな難しいことは考えないで、他人のとりとめも無いつぶやきを眺めているのが幸せという人は、それはそれで全然OKですが。

テーマ : Twitter - ジャンル : コンピュータ

2007/07/08 (Sun) 00:51
新しい洗濯機

先日購入したと書いた洗濯機が今日配達されました。日立の乾燥機能付きのものです。


いやー、15年使用した前の機種と比べると、やはり雲泥の差ですね。日立製はあまり静かではないといわれていますが、ちょっと離れると動作しているのかわからないくらいの動作音です。また、洗うときの水位もかなり低く、相当節水しているようです。


物は大切にしないといけませんが、やはり家電製品は10年くらい使用したら買い換えるほうが、トータル的には環境に優しいかもしれないなぁ、などと思いました。


それにしても、たかが洗濯機なのに機能が多く、操作パネルもボタン・LEDてんこ盛りです。これは明らかにコンピューター制御されていますね。一般の奥様方はこの機能、使いこなしているんだろうか。


そのうち洗濯機のファームウェアアップデートとか出てくるかも、などと想像してしまいました。

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/07 (Sat) 00:58
フラッシュメモリに生の個人情報を入れるのはやめようよ

いま、兵庫県警の警官が、事件調査資料の個人情報の入ったフラッシュメモリ入りのカバンを紛失した、というニュースをテレビやってました。


出張先で酒を飲んでカプセルホテルに行く途中だとかで本人の不注意なのは確かですが、そもそもフラッシュメモリのように紛失・盗難しやすいものに、生の個人情報を入れている時点でアウトですね。


あれだけ個人情報流出がニュースで報じられても、情報管理が厳格であるべき警察でさえ、まだこんな状態なんですね。


その点、先日買ったうちのJetFlash210は指紋認証つきだから大丈夫、とか思っていたらいきなり故障して認証が効かなくなってしまいました。最近の半導体機器がこんな簡単に壊れるとは思わなかった。


単純なフラッシュメモリならフォーマットすれば直りそうですが、なまじ指紋認証の機能が付いているので、そういう強引な手が使えません。こういうときはセキュリティの高さが裏目にでますね。

テーマ : PC周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/06 (Fri) 00:42
VISTAで使える音声合成エンジンは無いのか

最近ブログなどで文章を書いていて、誤字脱字がちょくちょくあります。もちろん自分で読み直してチェックしようとするのですが、どうしても流し読みなってしまい、見逃す場合があります。


会社のXPマシンには、こういうときのためにフリーのテキスト読み上げソフトがインストールしてあります。書いた文章をソフトに読み上げさせてチェックすると、時間は若干かかりますが、誤字脱字はほぼ確実に検出することができます。


そういえば、自宅PCのVISTAにはコントロールパネルに「音声合成」のアイコンがあったなぁ、と思ってみてみましたが、標準では英語の音声しか対応してないみたいですね。


更にフリーのソフトが無いかとネットも探してみましたが、残念ながら現状、VISTAで使えるソフトは見つかりませんでした。


XP用ならかなりの数が見つかるのですが、こいういうところにMicrosoftがVISTAにおいて個人がドライバなどを作成するのを困難にしている、という戦略が影響しているのでしょうか。

テーマ : ソフトウェア - ジャンル : コンピュータ

2007/07/05 (Thu) 00:02
マウスを電池1本で駆動する

自宅のロジクールのワイヤレスマウスの電池を交換していて気が付きました。


このマウスは、他の多くのマウスもそうであるように、単三乾電池2本を入れる仕様です。ところが、電池を1本しか入れなくてもちゃんと動作するということがわかりました。


そういえば前に、目覚まし時計でもこいう仕様のものが有ったような気がします。


これで何が嬉しいかというと、うちではマウスの電池にエネループを使っているのですが、エネループの唯一の弱点はその重量の重さなのです。2本入れるとマウスがとても重くなるのですが、1本だけだとかなり軽快感が増しました。


乾電池を使う場合は、1本ずつ消費すると逆に半端に感じるかもしれませんが、充電池を使用している方は、1本だけで動くかどうか一度試してみてはいかがでしょうか。

テーマ : 周辺機器 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/04 (Wed) 00:55
ヤマダ電機の長期保証 The安心 はお徳か?

実は自宅の洗濯機が故障しまして、この週末にヤマダ電機で新しいのを購入しました。

それ自体は地方にしてはなかなかの割引率でよい買い物だったのですが、同時に勧められて入ってしまったヤマダ電機独自の長期保証が後から考えると大失敗でした。


名前を「The 安心」といいますが、年3832円(初年は3129円)払うだけで、他店で購入の商品も保証します。また年間に3000円の商品券を進呈するので、これを使い切れば会費をほとんど取りもどせます、という一見とってもお得な内容。


しかし、冷静に規約書を呼んでみると色々、落とし穴がありそうです。


まず、対象商品が20型以上のテレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機・乾燥機、電子レンジ、大型マッサージ器とかなり限定されます。また保証期間が製造後6年(冷蔵庫・エアコンは9年)に限定されます。したがって、比較的最近これらを入手した人、または近々買おうとしている人にしか意味がありません。後から確認したところ、私の場合は所有している該当商品は全て期限切れでした。


また商品券についても、1・2月用500円券、3・4月用500円券というように500円ずつ使用時期が厳密に規定されており、頻繁にヤマダ電機に通う人意外は、完全に使い切るのはかなり難しそうです。


というわけで、私はこの保証を継続する意思が失せたので、店で渡された振り替え申し込み用紙は返送しないで、最初に払ってしまった3000円を取り返すべく、W-ZERO3のTODOに各500円券の消化時期をしっかり登録しました^^;


実体験したものとして言わせてもらうと、上に書いたような内容は店頭で店員から簡単な説明を受けただけではなかなか実感できません。あわてず、じっくり話を聴くなり規約を読むなりして、自分にメリットがあるかどうかちゃんと判断してから申し込むことをお勧めします。

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/07/02 (Mon) 22:44
廉価版クアッドコアCPUが出るのか?

またまたパソコン買い替えの話です。

パーツ選びに悩んでネットをさまよっていると、クアッドコアのCore 2 Quad Q6600が7月22日に大幅値引きされるとの記事が。この辺の事情に詳しい人はとっくに知っていたんでしょうが。


通常であれば、必要以上にハスペックなCPUは値段の割りに自己満足以外の効用はほとんど無いので手を出さないのですが、現在のE6700と同程度の値段にまで下がるとなるとさすがに迷いますね。


まあCPUが4つも付いていても、マルチスレッド対応のエンコードソフトで動画のエンコードが速くなる、ということくらいしか使い道は思いつかないわけですが。


今週末にはニューPCを発注するとほとんど決めていたのですが、幸いFAN軸に潤滑剤をぶち込んだ現行PCの電源はまだ今のところ持ちこたえてくれているようなので、7月22日までは待ってみましょうか。


ニュースに踊らされていつまでも買えないパターンに陥っている気がしないでもないですが、故障さえなければ現行マシンでも性能上はそれほど不満は無かったですからね。

テーマ : PC買い替え - ジャンル : コンピュータ

2007/07/01 (Sun) 23:45
買い替えパソコンのスペック検討

昨日に引き続いてパソコン買い替えの検討です。BTOパソコンだと結構パーツに自由がきくので、逆に色々迷ってしまいます。


第一候補のツクモAero Stream で、想定しているスペック内で最も安価な構成を考えると


 CPU:Intel Core 2 Duo E6420
 メモリ:PC5300 DDR-2 SDRAM 2048MB
 ビデオ:nVIDIA GeForce 8600GT / 256MB
 HDD:320GB (SerialATAII / 7200rpm)
 DVD:Plextor製 PX-800A


これでOS、キーボード、マウス無しだと、税抜き約116,000円。このあたりが一番コストパフォーマンスがよさそうです。


一方、大幅高にならない範囲で、若干高性能な製品を使うと、


 CPU:Intel Core 2 Duo E6600
 メモリ:PC6400 DDR-2 SDRAM 2048MB
 ビデオ:nVIDIA GeForce 8600GTS / 256MB
 HDD:320GB (SerialATAII / 7200rpm)
 DVD:Pioneer製 DVR-A12J-W
 静音CPUクーラー追加


これで、税抜き約145000円。


いずれも部品単体で考えると、5000~10000円程度のアップグレードでたいしたことはないのですが、積み重なると総差額約3万円。トータルが10万円+αであることを考えると小さな差ではありません。


この程度のスペックの差では、体感できるほどの差はほとんど出ないことはわかっているんです。しかし、それでもせっかく買い換えるんだからと考えると、安易に安いほうにも思い切れないのは、パソコンオタクの悲しい性ですね。

テーマ : PC買い替え - ジャンル : コンピュータ

2007/07/01 (Sun) 02:17
パソコン買い替え検討中

先日パソコンの電源不調のことを書きましたが、今日はその交換用の電源を探しにショップを回ってみました。しかしうちのパソコンはベアボーンでかなり特殊な部品が使われているらしく、残念ながらサイズが合う電源が見つかりませんでした。

やむなく、今の電源をだましだまし使いつつ、買い換えのパソコンを物色中です。今のパソコン用にWindowsVISTAを既に購入してしまっているため、OS無しを選べるパソコンがターゲットです。またどうせ買い換えるなら、CPUもCore 2 Duoクラスのそこそこ良い物を選びたいところです。 


近所のパソコンショップでも、この条件に合うショップブランドマシンは手に入るのですが、お値段が少し高めなのと、デサインがいまひとつ垢抜けないのがたまに傷です。


したがって、主にネット上で発注できるBTOパソコンを物色しています。現状の第一候補はツクモのAero Stream 。デザインがスマートで、同じスペックで比べるとBTOパソコンの中でもかなり安めです。ただチップセットが最新のP35でないところが若干気になります。


あと、会社で使っているDELLマシンンが同スペックのマシン中では性能面で優秀だったので、DELLも考えましたが、OS無しの発注はできないようなので、今回は対象外になりそうです。


いずれにしても、来週末がたまたまクレジットカードのポイント倍増日なので、そこで決めたいところです。

テーマ : PC買い替え - ジャンル : コンピュータ

| ホーム |

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。