プロフィール

やす

Author:やす
コンピューターとデジタル小物が好きな、某ソフトウェアベンダーのシステム管理者です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

--/--/-- (--) --:--
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/08 (Mon) 23:43
DLNA型ファイル転送クライアントRDLNA

うちのHDDレコーダRD-X6内の画像をPCで手軽に見たいとDLNAクライアントを捜していたところ、RDLNAというソフトがあるのを見つけました(入手はこちらなど参照)。

RDLNAは再生向けのDLNAクライアントというよりも、ファイル転送が主眼のようですが、VLCと組み合わせることで転送しながら再生することもできます。

しかし、それよりもファイル転送が非常に簡単なのが気に入りました。いままではPCでVirtualRDを動かしてRD-X6側からダビングしていたのですが、RDLNAではPC側から転送するファイルを選べます。RD-X6の反応の遅いUIを使わなくていいので、とても快適です。

RD-X6のの残り容量がだいぶ減ってきたので、これでPCに退避するとしましょう。ただし、RDLNAで転送したファイルはRD-X6には書き戻せないようなので、この点だけは注意が必要です。書き戻しが必要であれば、VirtualRDを使いましょう(自分の場合は基本的にPCへの転送の一方通行なので問題ありません)。

スポンサーサイト

テーマ : 雑記 - ジャンル : コンピュータ

2007/09/10 (Mon) 00:49
WX310Kで青空文庫のテキストを読む

遅めの夏休みなどをとっているうちに、前回投稿からはや2週間以上が経ってしまいました。

前回、WX310KでmicorSDが使えるようになったと書きましたが、この休暇中はこれに青空文庫のテキストを入れて読むことで、かなり暇がつぶれました。

テキスト読みには、h" styleさんで公開されているテキストビューアを使用させてもらっています。WX310Kはjavaが動かないのでプログラムを組むのが難しいですが、javascriptでもここまでできるんですねぇ。

テキストビューアのソースを読ませてもらうと、それほど長いものではなさそうです。しかし、それでもこのような実用的なツールが作れることがわかって、javascriptに俄然興味がわいてきました。

できれば、テキストビューアを参考にさせてもらって、縦読みができるリーダーができないかなどと夢想しながら、今ソースを少し解析しています。

運良く動くプログラムができましたら、またこちらで公開でもしてみたいと思います。

テーマ : 通信・電話 - ジャンル : コンピュータ

2007/08/15 (Wed) 23:34
VISTAで使えるフリーのデフラグソフト

少し前にVISTAのデフラグについて書きましたが、そのときはVISTAで使える標準以外のツールが見つけられなくて、標準コマンドでいかに速く実行するか、ということを主眼に紹介しました。

しかし、こちらでVISTAでも使えるフリーのデフラグソフトAuslogics Disk Defragが紹介されているのを発見しましたので、早速使ってみました。

紹介記事でも爆速と書かれているように、確かに実行速度はかなり速いです。標準コマンドでは完了まで一晩以上かかったシステムドライブが、1.5時間程度でデフラグできました。

速さの秘密はファイルの移動を行わないことのようで、完了時のマップをみても使用領域が飛び飛びになっているのはやや気持ちが悪いですが、それでもこの速さは魅力です。

ディスクもファイルも大容量化が激しい最近の状況を考えると、なかなか思い切りのいいソフトだと思います。

テーマ : Windows Vista - ジャンル : コンピュータ

2007/08/09 (Thu) 23:43
freemind 0.9.0 Beta12

freemind 0.9.0のベータ版が新しくなっていたので、久しぶりに更新してみました。

Beta9では大幅に印象が変わっていた起動時のスプラッシュ画面が、なぜか0.8.0と似た感じに戻っていますね(評判がよくなかったんでしょうか)。

実用面で一番うれしい改善は、Beta9では効かなくなっていた、物理スタイルのファンクションキーによる設定が復活していること。特にF6のグレー文字は、TODO項目のマップで済んだ項目に設定するなど、グレーアウト的な意味合いで多用していたのでありがたいです。

残念なのは、ノードのフォークと泡の書式設定が、あいかわらずポップアップメニューの第一階層では選択できないこと。自分はこの書式も、通常ノードは泡、付加説明的なノードはフォークというように、マップを見やすくするために多用するのですが、他の人はあまり使わないのでしょうか。

あと、メニューの日本語表示のフォントがちょっと汚いですが、これはうちの環境依存かもしれません。まあひどく気になるほどではありませんが。

テーマ : フリーソフト - ジャンル : コンピュータ

2007/08/08 (Wed) 00:10
バックアップの見直し

マシンがリニューアルして大容量の高速アレイディスクがメインになったため、今まで極力NAS上のデータを直接参照する方針だったところを、方針変更しました。

ThunderBird,POPFile,紙copiなど、アクセス頻度の高いデータはローカルディスクに置いて、マシンのシャットダウン時にNAS上にバックアップすることにします。

そこで、バックアップも今まで使っていたコマンドラインのrobocopyに替えて、フリーのBunBackupというソフトを使用してみました。

このソフト、バックアップ設定がGUIで行えるというだけでもありがたいのですが、機能的にもすごいです。

robocopyで行っていたフォルダのミラーリングはもちろんのこと、バックアップのスケジュール実行、世代管理、ログの記録、ファイルの圧縮など、ファイルのバックアップで行いたいことはほとんどカバーしています。

また高速ファイルチェックという機能でバックアップ先のファイル情報をローカルにキャッシュできますので、ミラーリングの動作もかなり高速です(バックアップ先のファイルを直接いじると整合性が崩れますので、使い方はにはご注意を)。

あと、UIで設定した内容を保存したファイルをパラメータとして指定することで、コマンドラインからも実行できます。そこで、これを以前に書いたgpedit.mscコマンドでグループポリシーに登録することで、簡単にシャットダウン時のバックアップが実現できました。

あとは、システムのバックアップをなんとかしたいところです。

テーマ : フリーソフト - ジャンル : コンピュータ

| ホーム |

 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。